お肌の黒ずみはターンオーバー促進と保湿で対策しましょう



顔の黒ずみは紫外線の影響と考えがちですが、理由はそれだけではありません。顔を洗いすぎることによって返ってお肌の乾燥を招いたり、摩擦や炎症などの後遺症で黒ずむこともあります。これらはお肌のバリア機能が関係しています。

お肌は乾燥したり刺激を受けたりするとメラニン色素を作ることで肌自体の細胞を守ろうとします。これがシミや黒ずみとなってしまうのです。通常は正常なお肌のターンオーバー機能により垢となって剥がれ落ちるのですが、加齢やストレス、また疲労やホルモンバランスの乱れなどにより、ターンオーバーのサイクルが短くなったり長くなってしまうのです。

お肌の黒ずみを改善するためには、ターンオーバーを促進するお手入れをすることが必要なのです。一番有効とされているのはビタミンC誘導体です。毎日のお手入れに化粧水などで補給しましょう。

それでも改善されない場合にはピーリング剤を使用して、不要になった角質を落とすお手入れが必要です。お肌の新陳代謝促進に効果のある方法で、剥がれ落ちるべき角質を落としてくれることで黒ずみの改善に役立ちます。

また美白化粧品も効果はありますが、気をつけたいのは美白っぽい化粧品ではなく、しっかりと美白成分が入った化粧品を選ぶことです。ビタミンC誘導体の他にプラセンタ・アルブチン・エラグ酸などが代表的な美白成分です。

そして美白成分と一緒に使いたいのが保湿成分です。ヒアルロン酸やセラミドなどでお肌の乾燥を防ぐことも、お肌の黒ずみ対策にとっては重要な事なのです。